事業報告・決算

 平成27年度は、経済的困窮や社会的孤立、虐待など地域における生活課題が多様化、深刻化する中で、新居浜市、民生児童委員をはじめとする地域の様々な関係機関・団体と連携を図り、その解決に努めました。
 特に、平成27年4月に施行された「生活困窮者自立支援法」の必須事業である「自立相談支援事業」を受託し、経済的困窮のみならず、社会的孤立に対応するため、相談体制を整え制度の啓発などに取り組みました。
 また、「第三次新居浜市地域福祉活動計画」を策定する中で、社協支部座談会を開くなど、市民の方々をはじめ、関係機関・団体との連携を積極的に進めることで、住民主体の活動計画を策定しました。
 さらに、児童センター(館)と高齢者福祉センターでは、指定管理期間が終了することに伴い、平成28年度からの契約更新のための申請を行い、審査の結果、5年間の指定管理者としての指定を受けました。
 災害に対する備えでは、「災害対応マニュアル」に基づき、各施設においての防災訓練の実施、災害時に必要な活動備品やさらなる備蓄や福祉避難所の整備を行いました。
 平成27年度の決算額は収入総額783,981,068円、支出総額754,853,112円でした。

平成27年度事業報告

平成27年度に行った活動の一部を紹介します。

地域福祉活動

  • 第三次地域福祉活動計画(平成28~32年度)の策定
  • 社協支部役員対象とした各種研修会の開催
  • ふれあい・いきいきサロンの実施(1,416回)
  • 新居浜市社会福祉大会(約450名参加)・生き生き幸せフェスティバル(約4,500名参加)の開催
  • 生活困窮者自立支援事業の実施[新規事業]
  • 法人後見事業の拡充
  • 高齢者の社会参加等のため地域福祉バスの運行(6,302名利用)

児童福祉

  • 児童センターの管理運営(135,233名利用)
  • 平成28~32年度の児童センター4館の指定管理者に決定
  • やんちゃKIDSの開催(1,500名参加)

高齢者福祉

  • 高齢者福祉センターの管理運営(100,354名利用)
  • 平成28~32年度の高齢者福祉センター3館の指定管理者に決定
  • 独居高齢者(3,355名)の見守り活動

障がい者福祉

  • 障がい者福祉センターの管理運営(12,473名利用)
  • 支援を必要とする児童に対し専門療育の実施

ボランティア活動

  • ボランティアに関する連絡調整
  • 福祉教育ガイドブックの作成と配布
  • 総合的な学習への協力
  • ワークキャンプの開催(中高生72名参加)
  • 各種ボランティア養成講座の実施

※詳細については、平成27年度事業報告書をご覧ください

平成27年度事業報告書

平成27年度決算

◆ 拠点区分別内訳

単位(円) 

区分 拠点区分 収入 支出 当期資金
収支差額
社会福祉事業 本部 36,902,785 35,398,527 1,504,258
地域福祉事業 65,658,547 70,978,424 ▲5,319,877
権利擁護事業 23,712,186 24,549,381 ▲837,195
児童発達支援事業(はげみ園) 40,361,170 34,445,565 5,915,605
障がい者福祉センター 90,457,477 85,740,225 4,717,252
児童センター 72,383,163 70,939,209 1,443,954
高齢者福祉センター 62,720,625 60,068,945 2,651,680
介護事業所 294,458,901 278,505,222 15,953,679
公益事業 総合福祉センター 82,310,760 79,723,160 2,587,600
総合福祉センター(別子山分館) 15,015,454 14,504,454 511,000
合計 783,981,068 754,853,112 29,127,956

◆ 科目別内訳

※詳細については、平成27年度決算報告書をご覧ください。

平成27年度決算報告書