一般事業主行動計画

職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間 平成29年4月1日~平成32年3月31日までの3年間

2. 内容

目標1 : 法を上回る取り組みとして、子どもの看護のための休暇について、時間単位で取得できることを周知するとともに、制度を利用しやすい職場の風土づくりを行う。

<対策>

  • 平成29年 4月~ 職員の具体的なニーズ調査及び現状把握を行う。
  • 平成29年10月~ お互いが助け合う風土をつくり、応援体制を整える。

目標2 : 業務の見直し・応援体制の整備をすることで、年次有給休暇の取得日数を増加させ、平成28年度より18%のアップの取得率を目指す。

<対策>

  • 平成29年  4月~ 平成28年度年次有給休暇取得率を算出する。職員の具体的なニーズ調査を行う。
  • 平成29年  5月~ 職場内会議にて職員へ周知を行い、各部署において年次有給休暇の取得計画に取り組む。
  • 平成29年 9月~ 各部署の管理職に取得率を掲示し、取得日数の少ない職員に対して取得を促す。