社協概要

ごあいさつ

新居浜市社会福祉協議会ホームページをご覧いただきありがとうございます。
本会では、高齢者や障がい者そしてすべての方々が「安心して心豊かに暮らせるまちづくり」を目指しております。
このホームページは、より多くの皆さまに福祉情報を提供し、皆さまの福祉の向上に役立てていただくことを目的としております。これからも本会に対しまして、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

社会福祉法人 新居浜市社会福祉協議会
会長 鈴木 暉三弘

社会福祉協議会(社協)とは

● 住民・ボランティア・福祉,保健,施設関係者などが連携・協働し、行政とも協働しながら地域福祉を推進していく、民間の社会福祉団体です。

● 住民主体の理念に基づいて、地域が抱えている種々の福祉問題を地域全体の問題としてとらえ、みんなで考え,話し合い,活動を計画し,協力して解決を図っていくことを目的として活動しています。

● 民間組織としての「自主性」と、広く住民の皆さまや社会福祉関係者に支えられた「公共性」という2つの側面を合わせもっています。

● 住民の皆さまからの会費,共同募金配分金,まごころ銀行への預託金,補助金や事業受託金などを財源として、活動や運営を行っています。

● 事務局は、新居浜市総合福祉センター(愛称:ふれあいプラザ)内にあります。

社協概要図

活動原則

(1) 住民ニーズ基本の原則 広く住民の生活実態・福祉課題等の把握に努め、そのニーズに立脚した活動を進める。

(2) 住民活動主体の原則 住民の地域福祉への関心を高め、その自主的な取組みを基礎とした活動を進める。

(3) 民間性の原則 民間組織としての特性を生かし、住民ニーズ、地域の福祉課題に対応して、開拓性・即応性・柔軟性を発揮した活動を進める。

(4) 公私協働の原則 公私の社会福祉および保健・医療、教育、労働等の関係機関・団体、住民等の協働と役割分担により、計画的かつ総合的に活動を進める。

(5) 専門性の原則 地域福祉の推進組織として、組織化、調査、計画等に関する専門性を発揮した活動を進める。

【社会福祉法第109条】
市町村社会福祉協議会は、一又は同一都道府県内の2以上の市町村の区域内において次に掲げる事業を行うことにより地域福祉の推進を図ることを目的とする団体であつて、その区域内における社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者が参加し、かつ、指定都市にあつてはその区域内における地区社会福祉協議会の過半数及び社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が、指定都市以外の市及び町村にあつてはその区域内における社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が参加するものとする。

  1. 社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
  2. 社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
  3. 社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
  4. 前3号に掲げる事業のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業