日本赤十字社 愛媛県支部 新居浜市地区

日本赤十字社は、日本赤十字法に基づいて設置されている特殊法人で、一定の会費(年額500円以上)を納める会員によって組織されています。
赤十字の活動資金は会員から拠出していただく「会費」と、個人・法人からの「寄付金」 等が主な財源です(総称して「活動資金」といいます)。
赤十字は、人道と博愛の精神を掲げ、国際活動,災害救護活動,健康生活支援講習(救急法,家庭看護法,水上安全法,雪上安全法,幼児安全法)、赤十字ボランティアの育成、医療・血液事業の推進などの幅広い社会福祉活動を実施しています。
本会は、日本赤十字社愛媛県支部新居浜市地区として、赤十字活動の基盤となる会員の増強 運動を始め、災害救護事業,各種講習会などの事業を積極的に行ない、赤十字の理念と活動を 理解していただけるよう努めています。

◆ 平成29年度 新居浜市地区の活動

◇ 会費実績額
目標額:16,504,000円 実績額:11,789,455円 【達成率:71.4%】

◇ 災害救護物資
住家の全焼の被害を受けた世帯に対し、毛布(1人1枚)緊急セット
(被災世帯1世帯に1個)を配布をしています。
平成29年度は、毛布6枚・緊急セット3個を配布しました。

◇ 各種講習会の開催

講習会内容 人数
救護法 304
健康生活支援講習 20
幼児安全法 20
巡回健康講座 63
ひだまり赤十字 45
救急法養成及び基礎講習 18
幼児安全法支援員養成講習 14
高松市多肥校区日赤奉仕団交流会 48
合計 532

◆ 平成30年度目標額

16,504,000円