障がい者福祉

障がい者福祉センター

◆ 目的

障がい者(児)が住み慣れた地域で暮らせる街づくりを目指し、障がい者等に関する各種の相談に応じ、機能訓練、教養の向上、社会との交流促進及びレクリエーション等の便宜を総合的に供与する、障がい者のための施設です。
また、地域との交流(地域住民・実習生の受入等)で市民から信頼され、開かれた施設運営を目指しています。

◆ 利用案内

開館時間 : 8時30分~17時15分
会議室等の使用時間について、夜間の利用も可能ですが、事前に申請が必要です。
土曜日・日曜日は、申請時間のみ使用可能

◆ 休館日

・日曜日及び土曜日
・国民の祝日
・12月29日から翌年の1月3日まで

◆ 事業内容

1. 相談支援事業の実施

生活の中で起こるさまざまな問題について、専門の相談員が相談をお受けします。詳しい内容は、指定相談支援事業所のページをご覧ください。

2. 障害者総合支援法における生活介護・生活訓練事業の実施

介護サービスや入浴サービスを受けることができます。
詳しい内容は、生活介護のページをご覧ください。

生活介護のページ

3. 障がい者作業訓練事業の実施

市内に住んでいる15歳以上の障がい者が利用できます。
詳しい内容は、作業訓練所のページをご覧ください。

作業訓練所のページ

4. 障がい者等の福祉更生に係る相談、訓練及び講習会等の開催

(1) センターでは、相談支援事業を行っています。障がい者や市民の方から相談を受け付けます。お気軽にご相談ください。

(2) 障がい者を対象に年間を通じてスポーツ教室や講座を開催しています。

    

(ア)在宅生活者への訓練や講座の実施

◇ 生活訓練事業(新居浜市の受託事業)
在宅生活者の社会参加促進を図る為、生活に必要な訓練や講座などを実施しています。

【視覚障がい者対象生活訓練事業】
開催: 年3回
対象: 市内在住の視覚障がい者
内容: ボランティア交流会、歩行訓練、俳句教室 他
参加費: 野外での昼食代 他
【生け花教室】
開催: 毎月第1金曜日
対象: 市内在住で障がい者手帳をお持ちの方
内容: 生け花、フラワーアレンジメント 他
参加費: 800円程度
【料理教室】
開催: 年2回
対象: 市内在住で障がい者手帳をお持ちの方
内容: 簡単で楽しくできるお菓子作り
参加費: 材料代のみ自己負担

(イ)スポーツ・レクリエーションの指導

◇ 障がい者スポーツ教室等開催事業(新居浜市の受託事業)
障がい者スポーツの振興と積極的な参加を目標に、スポーツ教室を開催しています。

【障がい者カローリング教室】
実施形態: カローリング教室
開催: 5月~1月 奇数月1回(年間5回)
実施場所: 新居浜市高木町2-60(ふれあいプラザ)
実施日時: 第4火曜日(月により変動あり) 13時~14時30分
参加人数: 約20名
参加費: 無料
対象: 市内在住で障がい者手帳をお持ちの方
【障がい者バドミントン教室】
実施形態: バドミントン教室
開催: 6月~3月 月1回(年間10回)
実施場所: 新居浜市高木町2-60(ふれあいプラザ)
実施日時: 第3日曜日(月により変動あり) 10時~12時
参加人数: 約15名
参加費: 無料
対象: 市内在住で障がい者手帳をお持ちの方
【障がい者水泳教室】
実施形態: 水泳教室 親子対象
開催: 5回
実施場所: 新居浜市高木町2-60(ふれあいプラザ)
実施日時: 7月末~8月の日曜日 10時30分~11時30分
参加人数: 約10名
参加費: 無料
対象: 市内在住で障がい者手帳をお持ちの方

◇ 障がい者スポーツ大会開催事業(新居浜市の受託事業)
障がい者スポーツの啓発・普及・促進を図る為、レクリエーションなどを開催しています。
各教室とも障がい者・ボランティアの積極的な参加を呼びかけ、利用者のニーズ把握・内容の充実に努め、社協だより・ホームぺージを活用し障がい者への啓発、参加者の増加を図ります。

(3) 障がい者サロンの開催

障がい者の自宅閉じこもり防止や仲間作り、生きがい作りのため、障がい者サロンを毎週水曜日に実施しています。

【障がい者サロン】
実施形態: 障がい者サロン
開催: 毎週水曜日
実施場所: 新居浜市庄内町1-14-18
(新居浜市障がい者福祉センター)
実施日時: 水曜日 11時~14時
参加人数: 10名程度
参加費: 無料(昼食・材料代実費)
年間の活動内容:
  茶話会・創作活動・軽体操
カラオケ・野外活動など
5. 障がい者等の団体活動及び奉仕活動の場の提供

(1) 障がい者団体の勉強会や交流会でセンターの部屋を利用できます。利用料は、無料ですが、事前に申込みが必要です。代筆もできます。

(2) センターでは、ボランティアさんを積極的に受け入れしています。
センター内で実施している事業のお手伝いや利用者の方の話し相手など初めての方でもできるボランティアです。興味のある方は、施設までお問合せください。
ボランティア保険に加入させていただきます。

6. 地域との連携

地域や関係機関等との連携を密にし、交流(地域住民・実習生の受入等)することで市民から信頼され、開かれた施設運営を目指しています。

   

7. その他施設の設置目的を達成するために必要な業務

(1) 意思疎通支援事業(新居浜市の受託事業)

聴覚障がい者等への適切な情報提供を行い、コミュニケーションが円滑になり、社会参加が促進されるように、手話通訳・要約筆記の派遣を行っています。

(2) リフト付き福祉バス運行事業(新居浜市の受託事業)

障がい者に対してリフト付きバスを運行することにより、その移動交通手段を確保し、研修会や行事等への参加促進を図ります。

【バス概要】
   1台 定員24名(内車椅子2名) リフト付き
【運行内容】
  月~金は定期コースとして施設利用者の送迎を行っています。そのため一般貸出は定期コース以外の時間帯に、団体申請により運行します。

(3) 福祉機器の貸出

車椅子等の福祉機器及び・行事用備品等の貸出を行っています。

【福祉機器】
   車椅子 36台  貸出期間:3ヶ月間
対象者:市民
費用:無料
【行事用備品】
  綿菓子器 1台
  かき氷器 1台

(4) 図書業務

声の図書、点字図書を整備し、日頃外部との接触が少ない視覚障がい者の生活圏の拡大・情報提供を図る為、録音図書、点字図書の郵送貸出業務を行っています。最近は、録音テープからCD化に移行が進んでいます。

点訳図書
朗読テープ・CD

(5) 広報・啓発活動

・ホームページの充実
・新居浜市障がい者福祉センターの機関誌の発行 月1回

(6) 満足度調査の実施

施設の提供するサービスについて、利用者の声を反映させるため、「満足度調査」を 実施します。

対象: 施設利用者
調査方法: アンケート
調査結果の活用: 調査結果について分析し事業に反映させます。

◆ 問合先

障がい者福祉センター
〒792-0811
愛媛県新居浜市庄内町1-14-18
TEL:0897-33-3341
FAX:0897-37-1710
e-mail:scenter@n-syakyo.jp