権利擁護

臨時特例つなぎ資金貸付制度

◆ 臨時特例つなぎ資金貸付制度とは

この貸付制度は厚生労働省の制度要綱に基づき、離職者を支援するための公的給付制度 または公的貸付制度を申請している住居のない離職者に対して、給付金または貸付金の交付 を受けるまでの当面の生活費を貸付けし、自立を支援することを目的としています。

◆ 実施期間

平成21年10月1日から当面の間

◆ ご利用いただける方

住居のない離職者であって、以下の条件のいずれにも該当していることが条件です。

(1) 離職者を支援する公的給付制度(失業等給付、住宅手当、生活保護、訓練・生活支援給付等)または公的貸付制度(就職安定資金融資等)の申請を受理されている人であり、かつ当該給付等の開始までの生活に困窮していること。

(2) 借入申込者名義の金融機関の口座を有していること。

◆ 申込み手続き

(1) 公的給付制度または公的貸付制度の申請が受理されていることを証明する書類。(次の3項が記載されているもの)

  • 申請を受理した機関の名称、所在地、連絡先
  • 申請を受理されている公的制度の名称
  • 申請の受理日

(2) 借入申込者名義の金融機関の預金通帳の写し

(3) 借用書

◆ 相談・申込先

今後、居住予定の市町社会福祉協議会が窓口となります。

◆ 貸付内容

貸付限度額 10万円以内
貸付利子 無利子
連帯保証人 不要

◆ 返済方法について

申請中の公的給付または貸付金の交付を受けたときから1月以内に原則貸付金全額を愛媛県社会福祉協議会の指定する方法により返済することになります。

◆ 問合先

新居浜市社会福祉協議会 権利擁護課
TEL:0897-47-4976 FAX:0897-32-1560